TESの英検

なぜ今、英検なのか

TES.englishでは英検にも力を入れています。

目標に計画を立てて学習進める、これが英語学習を途中で挫折しないポイントで、その目標にぴったりなのが英検です。

 

教材としても大変優れています。

それぞれのレベルに応じた語彙や文法を、段階的にかつ系統立てて英語を習得できる仕組みになっています。

 

また、英検の問題は語彙・文法・長文読解・リスニングから成り立っていて、

あなたのレベルに合わせた必要な語彙や文法を効率的に練習し、身に付けることができます。

 

本気で英検に合格したい方へ

TES.englishでは、教材の使い方にもこだわりがあります!

どうすれば合格できるか。経験豊富な教師が、ノウハウをしっかり伝授します。

 

焦らず、一歩一歩ステップアップするために英検に挑戦してみませんか?

モチベーション維持にも効果的です!


まずは基本を押さえよう!

TES.Englihでは、初心者の人も安心して来てください。 

 

初心者の方は、1歩ずつ日常会話レベルを目指してステップアップしていきます。

そして、基礎のゴールと言える英検2級合格を目指します。

※英検2級=高校卒業程度の英語力で、自分の意思表示ができるレベルです。

 

TES.Englihで学ぶ皆さんの最終目標は英検準1級相当のレベルを目指していきます!

※英検準1級=基本的に日常会話で困ることが無いレベルです。

 


費用

グループ 月8回 4,000B(2人より)

家庭教師 月8回 5,200B

 

 

合格者の声

「言いたいことが言えないもどかしさ!」

準2級合格! 60歳女性)

自分の言いたいことが言えないもどかしさを克服したい!

 

そう思って英検に取り組み始めて4か月で英検3級に引き続き準2級に挑戦し合格しました。

 

4か月間の平均勉強時間は1日2時間。

じっくり時間を掛けて過去問題集(1冊6年分)を6冊完全にやり遂げました。

更に、TES.englishclubの日本人教師とのSkypeレッスンを週1回続けて文法を正しく理解することに集中。

 

二次試験もSkypeレッスンでしっかり対応したお蔭で、質疑応答もこなせる様になりました。

 

準2級合格後はリスニング力が上達した実感を持てたので、もっと単語力を伸ばしてさらに上を目指したいと思っています。

「海外で話しかけられるように」

(2級合格! 50代女性)

海外での滞在や旅行で英語の必要性を肌で感じたことからTES.Englishclubで英語を始めたのが2014年12月。

それから英検を目指し始めて4か月後、2015年6月に見事2級合格しました。

 

この4か月間の毎日の平均勉強時間は3時間!!!

過去問題集と市販の単語帳で文法+単語力のアップを頑張りました。

更にTES.Englishclubの日本人教師と週1回のSkypeレッスンで、自習での疑問点や文法の解説を中心に徹底理解を目指しました。

 

二次試験に向けてSkypeレッスンでは、自分の意見を述べるための”フォーム”を定着させることに努めました。

 

2級合格後は、英語が身に付いてきたと感じています。

以前は英語で話しかけることができませんでしたが、今では少しずつですが、話しかけられるようになってきました。

「目標は通訳者!」

(準1級合格 小学6年生)

チェンマイのアメリカンスクールへ通って4年目。

帰国子女枠の英語レベルが英検準1級のため、これを目標に据えて小学5年生で英検2級を合格してから、5か月の準備期間を経て2015年6月に準1級へ合格しました。

 

5か月の間に過去問を2回分、市販の単語帳を使用して一日平均1.5時間は勉強する毎日。

 

単語力については小学生には難解な単語も多かったため、母が1つずつ解りやすく要約してくれてオリジナルの単語帳を作成しました。

単語を覚える際も、単語帳と併用して付属CDの音源を聞きながら耳でも覚える練習を取り入れました。

 

Eメール返信のライティング対策としては、過去問をTES.Englishclubの外国人家庭教師に添削してもらい、2次対策は質問に対してYes,Noの両方答える練習を繰り返しました。

 

準1級合格後は、更に英語に自信がつき、日本で外国の方へ通訳をしてあげたりすることもあります。英語での受け答えがとても楽しいです。


英検のレベル目安

英検級と各検定の目安

英検2級合格した後は、英検準1級やTOEIC・IELTSなどそれぞれの目的に合わせた検定試験を勉強します。

CEFR

語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格